短い文章

短い文章だけ書いていく

iPhoneを買い換えた

iPhoneを買い換えたのだけど、買ったのは11…ではなく8だ。
6を5年ほど使っていたし、バッテリーを交換すればまだ使えるのだけど、iOS13に対応しなくなるので、やむなく買い換えた。
アプリの開発をしているので、さすがにOSくらいは最新の環境を実機で使えるようにしておかないとまずいかと思っての行動だ。

どれを買おうか迷って調べていると、イオシスという店で、未使用品の8が期間限定で、税込み49,800円で売っていた。
ちょうど増税前だし、ここで観念して買っておくか、という気になった。
(公式サイトだと57,000円くらいだった)

6に対しては、特に不満はなかった。
家で仕事をしているので、スマホを使う用途はそれほどなく、天気予報とかカレンダーとか、LINEとかFitbit(活動量計)のデータ確認をするくらいだった。
だから別に、最新のスペックを備えたスマートフォンを買う必要はないのだ。

それでも買い換えてみたら、アプリの立ちあがりが早くなり、Fitbitからのデータ転送も早くなった。
さすがに5年前の端末だと色々と滞っていたんだな、とわかったけど、これは新しくしたからそう感じたのであって、6を使い続けていても、特になんとも思わなかっただろう。

スマートフォンの機能は増え続けているようだけど、基本的なところはすでに満たされているので、後はカメラをさらに強化するとか、5Gに対応して通信を早くするとか、それくらいしか進化の余地がなくなってきていそうだ。
なので一つの端末を長く使うのがトレンドになっていくのだろうし、Appleもそれを見越して、サブスクリプションの充実に力を入れているのかもしれない。